DMMのアダルトビデオ見放題のデメリット

さて、デメリットです。

▲コスト

毎月8980円は、やはり高いです。できれば5000円は切って欲しいですよねえ。

▲人気作がすぐには入ってこない

各AVメーカーの最新作、人気女優の作品は、すぐには追加されません。そりゃまああそうですよね。1作2980円とかで売ってるものですから。
例えばぼっしい先生の「ふた部」は、アニメも実写AVも見放題プランには入っていません。

特に少ないのはアニメ作品で、見たい作品の大半が見放題対象外です。
アニメ作品は無料サンプルもないので、なんだかなーと感じてます。

▲解約すると見れなくなる

定額サービスなので当然といえば当然なのですが、解約すると翌月からすべての作品が見れなくなります。何も残りません。
試してないので確かじゃないですが、動画ファイルをダウンロードしておいても、セキュリティがかかって見れなくなるんじゃないかな?

▲評価とレビューがあんまり信用できない

アマゾンみたいな5段階の評価があるんですが、やっぱりというか当然というか、サクラ行為を感じずにはいられません。
☆5の作品をワクワクしながら開いて、ぶっさいおばちゃんがアンアン言ってた時には、息子さんも意気消沈です。
唯一の救いは、費用的な損失がないことですね。

次 オススメ作品