DMMのアダルトビデオ見放題のメリット

DMMの見放題サービスは決して安くないです。
特に全サービスが見れる「見放題プレミアムch」は月額8,980円。1年加入した場合はなんと107,760円に達します。
高いですねやっぱ。

DMM以外にもアダルト作品の見放題サービスをやってる所はあるみたいですが、僕は特に調べてないので比較はできません。
でも、こんなに充実してるサービスは他にないんじゃないかな?と思えるほどの充実っぷりです。

職業柄もあって、「これだけのサービスがウケられれば月に9,000円はやすい!」と思ってしまうんですが、普通の感覚だとそうじゃないんだろうなあ。
僕の場合はさらに、エロアニメーションを作る参考という大きな言い訳がありますし。

そんなわけで、DMMのプレミアム見放題について僕なりにメリット、デメリットを考えてみました。

■コスト

毎月8980円は、1日あたり約300円です。
見放題プレミアムには、毎日50〜100作品が追加されていきます。
好みじゃないものが多いとはいえ、1作品10円以下でちゃんとしたAV作品が見れるのは、なんか感動します。

■正規サービス

あやしげなバナー広告に出てくるアダルトサイトは、ぼぼ100%海賊版コンテンツです。お金を払ったところで、製作者にお金が入ることはあり
ません。DMMのサービスは各アダルトビデオブランドが正式に参加しているサービスなので、製作者に還元することができます。
同人作品を作っている僕としては、これは本当に素晴らしいことだと思います。

■安全性

DMMは国内最強のアダルトコンテンツ提供サービスになりましたよね。もちろん、艦これ、刀剣乱舞などのしっかりしたゲームをサービスしてます

アダルトサイトへの課金はどうしてもリスクが付きまとうんですが、その中では圧倒的に信頼度が高い会社だと信じてます。
艦これ、刀剣乱舞を遊ぶためにプリペイドマネーを買ったり、クレジットカードを登録してる人も多いんじゃないかな?

■利便性

見放題のシステムは、最近普及しているHuluやNetflix、アマゾンプライムなどのオンデマンドサービスとほぼ同じです。
レンタル屋に行く必要がないのはすでに当然として、作品の情報が非常に整理されているのがとても便利です。
紹介ページの出演女優をクリックすれば、他の出演されるのは当然として、監督、ブランド、メーカーへのリンク、さらにジャンルでの絞り込みも
簡単なので、j分の趣向に合う作品を探すのがとても楽なんです。
そして、リンクされた作品は当然、追加課金無しで見れるんですよ。

あ、そうそうコレ重要なんですが、各作品の頭にブランドロゴや著作権の表示が一切入りません。DVDだとすんごく邪魔なんですよねえ。

■将来性

2016年の4月末に、これまで対象外だったアダルトアニメが、プレミアム見放題に追加されました。
アニメ作品は数が少ないうえに、古い作品やしょんぼりな作品もかなりの割合になってます。
でも、アニメを見る会員が増えて、メーカーに利益が渡るようになれば、新しいコンテンツが追加されるじゃないかな?と期待してます。

■高画質

最近の作品は、HD画質で配信されるものが増えてきました。
レンタル店に、ブルーレイのAVがないこともないですが、実質ほぼ普及してないです。

とまあ、いいとこばかりを並べて来ましたが、当然デメリットや不満点も多数あります。


次 DMMのアダルトビデオ見放題のデメリット